公文から塾への切り替えのタイミングは?わが子の体験談

子供が小さいうちは学習習慣を身に着けさせるためや
受験を考えている家庭は公文を始める家庭が多いと思いますが
子供が大きくなってくると
公文から塾に切り替えるのはいつにしようかと考えることが
あると思います



わが子の体験談からいうと
年長のクリスマスから公文の算数を始めて
小学3年生の夏休みまで通っていたので
H教材までいきました

そして算数をやめるのと同時に公文の英語を
始めて小学4年生の夏休みをすぎたあたりで
中学2年生相当のH教材まで進みました

でも子供に聞いてみるとなんとなく問題を解いているようで
英検を受けるのにも自信がないし
ママに聞いてくることが多くなってきたので
塾に切り替えようかなと思い始めました

公文から塾へ切り替えた時期は
小学4年生の夏休み後です

子供は最初は塾に行きたくないといっていたのに
周りの友達の影響を受けたのか
塾に行きたいといい始めたので
塾の夏期講習の無料体験から体験して
そのまま入塾しました

塾は算数を最初に行き始めて1カ月後に
公文の英語を辞めて英語も塾に切り替えました

結果、わが子は塾のほうが良かったそうです

塾は個別指導にしたのですがわからない時に
先生が横についているのですぐに教えてくれることが
良かったそうです

周りの子供も少数ですが
小学3年生から塾に行き始めた子もいますが
小学4年生くらいから少しずつ塾に通う子が
増え始めたようです



ブログを読み終わったら読み終わりましたよ~の印に
クリックしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログへ

その他の記事
子供の洋服代を節約するためにしていること
学校行事や卒園式用に黒スリッパがあると便利
学校の発表の場で緊張しない為に子供が読んだ本
関連記事