妊娠時の確定申告(医療費控除)について


妊娠した際に戻るお金として医療費控除があります

妊娠すると妊娠中の定期検診費や分娩費、入院費などがかかりますよね
それらが医療費控除の対象となります

その他の医療費控除の対象となるものとして、出産時のタクシー代や駐車場代
通院にバスや電車などの公共交通機関を使った場合の交通費なども含まれます

交通費などの領収書がないものはメモでもいいので記録しておきましょう

医療費控除は、家族全員で申告前の1月1日~12月31日の1年間に
支払った医療費の合計額が10万円(所得が200万円未満なら所得の5%)を
超えた場合に確定申告の手続きをすると所得税として
払っていたお金の一部が戻ってくるものです

確定申告は税務署で行い、時期は2月16日から3月15日頃までですが
医療費控除は自分で申告しないといけないので
病院や薬局でもらう領収書はなくさないように
一箇所にまとめるなどして保管しておきましょう

それから年末になると会社から源泉徴収票がもらえますが
確定申告時に必要なため翌年までなくさないように保管しましょう

年度途中で退職した場合は、退職時に源泉徴収票がもらえるので
なくさないようにしましょう

申告は年収103万円を超えて所得税を払っている人なら
どなたでも申告できますが例えば共働きなどの場合は
夫婦どちらでも行えますが税金を多く払っている人ほど
多く戻ってきますので所得が多いほうが申告したほうがいいです

会社員の方なら用紙はだいたい1月中旬を過ぎると
税務署で用紙をもらえますので
必要事項を記入して税務署に提出します

自営業の方なら例年通り確定申告をする時に申告をします

医療費控除で戻ってくるお金は低くても
翌年の住民税が下がる可能性もあるので
面倒でも申告しておいたほうがよさそうです

医療費控除の確定申告は翌年の1月1日から5年間は有効なので
申告し忘れてしまった方でも確定申告の時期以外でも手続きできるので
税務署にいきましょう


ブログランキング参加中です
↓クリックよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking
初産ブログランキング


次は、出産後にもらえるお金のうちの一つの
児童手当についてです
関連記事