哺乳瓶を購入

赤ちゃんは母乳で育てるのが理想ですが
出産してからでないと自分の母乳のでぐあいがわからないし
もし母乳が出にくかった場合のために
出産準備用品として妊娠7ヶ月にはいってから哺乳瓶を購入しました

PR



哺乳瓶は、母乳で育てる場合でも母乳を搾っておいて
後で赤ちゃんに飲ませるのに使ったり、白湯を飲ませるのに
使用するそうなので1本は用意しておきたいですね

私が妊娠中に最初に購入した哺乳瓶は
母乳相談室160ml です

ピジョン 哺乳瓶 桶谷式直接授乳訓練用  母乳相談室  160mL


感想(125件)


240mlのもありますが
最初は飲む量が少ないですし母乳相談室160ml の方が
小さい赤ちゃんには持ちやすそうでいいと思います

この哺乳瓶は他の哺乳瓶よりも母乳に近いようなので
母乳を上手に吸う練習にもなるようだし
口が広いようなのでミルクをいれやすかったり、洗いやすいなど
使ったかたの口コミがよかったので
妊娠中に出産準備用品として購入してみました

そして出産後、母乳で足りない分はミルクを足すことになったので
哺乳瓶をもう1本購入しました

同じ哺乳瓶を購入しようかと思っていましたが
私が出産した産院ではビーンスターク哺乳瓶 を使っていたので
同じものを購入しました

ビーンスターク 哺乳びん ガラス 150ml グリーン[ビーンスターク 哺乳瓶 ガラス]


感想(31件)


ビーンスターク哺乳瓶
私のように未熟児でうまれた赤ちゃんでも
乳首が柔らかくて楽に吸えるようなので
飲むのに疲れて寝てしまった状態でも
ミルクを飲んでくれることが多かったです

私はこの2本を交互に使っていて
夜中など眠いときには比較的楽に飲んでくれる
ビーンスターク哺乳瓶 を使って
昼間は母乳相談室160ml を使うなどして
使い分けていました

哺乳瓶は耐熱ガラス製とプラスチック製がありますが
生まれたばかりとか月齢が小さいうちは
外に出かける機会も少ないですし
哺乳瓶を使い終わったら毎回消毒をしないといけないので
衛生面を考えるとガラス製がいいのかなと思います

月齢が進むにつれて
外に出す機会が増えてくるので
プラスチック製のほうが割れないので持ち運びには便利かなと
思いました

実際、私の場合は生後10ヶ月まではずっと耐熱ガラス製を
使っていましたが生後11ヶ月すぎてから
外出時に落として哺乳瓶を割ってしまったので
プラスチック製の哺乳瓶に変えました

またこのくらいの時期から
赤ちゃんも自分で哺乳瓶を持って飲んでくれてはいますが
ミルクがなくなって飲み終えると
ポイと哺乳瓶を投げたりすることが多くなってきたので
外出先ではプラスチック製の方が安心でした

ちなみに私が使っていたのは
母乳実感 240ml でした

ピジョン 母乳実感哺乳びん プラスチック240ml(ライトグリーン)(1コ入)【HLS_DU】 /【母乳実感】[哺乳びん ピジョン ベビー用品]


感想(22件)


参考になる初産、妊婦さんブログがたくさんあります
FC2 Blog Ranking
初産ブログランキング

PR



さて次は妊娠中にストレスにならないように
気分転換もかねてたまには外食にもいってきました

しかも食べ放題のお店へ

その様子は妊娠中に食べ放題のお店へをご覧くださいね


妊娠中に合わせて読みたい
妊娠中期にベビー布団購入
チャイルドシートの準備
関連記事