出産育児一時金について


妊娠すると、なにかとお金がかかりますよね
毎月の検診費用から始まり、マタニティウエアやマタニティ用の下着
これから生まれてくるベビー服、分娩・出産費用などなど

でも戻ってくるお金もあるのでちゃんと申請して活用したいですね

申請して戻ってくるお金といえば出産育児一時金です

出産育児一時金妊娠4ヶ月(85日)以上の出産で
健康保険に加入している方ならどなたでも
基本的には「出産する子供1人につき35万円」がもらえます

また加入している健康保険によっては
付加給付金が出る場合があります

私が分娩する予定の産院では
産科医療保証責任保険に入っているので
35万円に3万円上乗せされると思います

双子以上の多胎の場合は35万円×人数分がもらえます
申請には医師や助産師の多胎の証明が必要なため
産院で記入してもらいましょう

それからあまり考えたくはないのですが
妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも
出産育児一時金の支給対象になります

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが
少子化対策として2009年10月より
出産育児一時金が42万円にアップするようですね

ただしこれは2011年3月末までの暫定措置のようです

私のように妊娠を機に仕事を辞めるかたも
いらっしゃると思いますが
その場合は、会社を辞めてから6ヶ月以内の出産で
被保険者期間が継続して1年以上ある場合は
退職前に自分が加入していた健康保険に申請することができます

私の場合は妊娠3ヶ月の終わりに退職しますので
旦那の健康保険に「被扶養者」として加入して
旦那が加入している健康保険からもらえます

また専業主婦やパートなどで旦那の扶養に最初から
入っているかたは旦那が加入している健康保険から
もらうことができます

受給方法は2つの方法がありますので
事前に確認したほうがいいようです

まず1つめは分娩、入院費用として健康保険組合から
産院へ直接支給される方式です
(ただし実際の費用と受給費用の差額は支払います)

これは健康保険や産院によって利用できない場合があるので
その場合は後者の方法になります

検診時に「出産育児一時金請求書(事前申請用)」用紙を持参して
産院に請求書の『受取代理人欄』に記入してもらいましょう

出産予定日の1ヶ月前になったら
申請先に出産育児一時金請求書(事前申請用)の用紙を提出するのですが
その時に母子手帳又は出産予定日を証明する書類
振込先口座番号など必要な書類はあらかじめ確認しておいたほうがいいです

出産後、不足分は退院時に支払い、下回った場合は差額が後日振り込まれます

2つめの方法は出産後に自分でいったんお金を支払い後日、健康保険に請求して
給付を受ける方式です

申請先で「出産育児一時金請求書」を妊娠中にあらかじめもらっておきます

産院で請求書の出産証明欄に必要事項を記入してもらいます

出産後に申請先に「出産育児一時金請求書」を提出するのですが
その時に健康保険証、母子手帳、振込先口座番号、印鑑など
必要なものを確認しておきましょう

手続き完了後、だいたい2週間から2ヶ月くらいで指定の口座に
振り込まれるようです

出産育児一時金をもらい忘れた場合は、出産の翌日から2年以内なら
請求できるので忘れないようにしたいですね

ブログランキング参加中です
↓クリックよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking
初産ブログランキング


妊娠、出産でもらえるお金は出産育児一時金以外に
医療費控除があります

次はその妊娠時の確定申告(医療費控除)についてです

妊娠時の確定申告(医療費控除)について


妊娠した際に戻るお金として医療費控除があります

妊娠すると妊娠中の定期検診費や分娩費、入院費などがかかりますよね
それらが医療費控除の対象となります

その他の医療費控除の対象となるものとして、出産時のタクシー代や駐車場代
通院にバスや電車などの公共交通機関を使った場合の交通費なども含まれます

交通費などの領収書がないものはメモでもいいので記録しておきましょう

医療費控除は、家族全員で申告前の1月1日~12月31日の1年間に
支払った医療費の合計額が10万円(所得が200万円未満なら所得の5%)を
超えた場合に確定申告の手続きをすると所得税として
払っていたお金の一部が戻ってくるものです

確定申告は税務署で行い、時期は2月16日から3月15日頃までですが
医療費控除は自分で申告しないといけないので
病院や薬局でもらう領収書はなくさないように
一箇所にまとめるなどして保管しておきましょう

それから年末になると会社から源泉徴収票がもらえますが
確定申告時に必要なため翌年までなくさないように保管しましょう

年度途中で退職した場合は、退職時に源泉徴収票がもらえるので
なくさないようにしましょう

申告は年収103万円を超えて所得税を払っている人なら
どなたでも申告できますが例えば共働きなどの場合は
夫婦どちらでも行えますが税金を多く払っている人ほど
多く戻ってきますので所得が多いほうが申告したほうがいいです

会社員の方なら用紙はだいたい1月中旬を過ぎると
税務署で用紙をもらえますので
必要事項を記入して税務署に提出します

自営業の方なら例年通り確定申告をする時に申告をします

医療費控除で戻ってくるお金は低くても
翌年の住民税が下がる可能性もあるので
面倒でも申告しておいたほうがよさそうです

医療費控除の確定申告は翌年の1月1日から5年間は有効なので
申告し忘れてしまった方でも確定申告の時期以外でも手続きできるので
税務署にいきましょう


ブログランキング参加中です
↓クリックよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking
初産ブログランキング


次は、出産後にもらえるお金のうちの一つの
児童手当についてです

児童手当


出産後にもらえるお金のうちの一つに児童手当があります

児童手当とは、育児費を支援するために小学校6年生まで
支給される手当です

出産したら出産届けと一緒に児童手当の手続きも
すませておきましょう

児童手当は、手続きをした翌月分から支給されるのですが
申請し忘れた場合など遅れて手続きをしても申請前に
さかのぼってもらうことができないので、赤ちゃんが産まれたら
早めに手続きをしておいたほうがいいのです

ただ児童手当をもらえるかたは、所得制限などがあるので
前年度の源泉徴収票の所得控除後の金額をみて
所得制限以下に該当する場合で
手続きは市区町村役場の児童課などで行います

ブログランキング参加中です
↓クリックよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking
初産ブログランキング


さて、次は妊娠線についてです
では妊娠線予防に妊娠線予防クリームをご覧下さいね